Buy and sale

憧れのピアノを

中古ピアノという選択肢

子供にピアノを習わせたい、憧れのピアノを今から習いたい、という方も多いのではないでしょうか。 新しく楽器を買うにあたって、近頃では質のいい電子ピアノも登場してきています。 しかし、やはりすぐれた耳や体の感覚を養うには生の楽器に触れることが大切です。 そこでおすすめなのが、中古の国産ピアノという選択肢です。 中古ピアノは、多くの場合新品の3割から5割ほど安い価格で手に入れることができます。 国産のアップライトで平均価格が50万円ほど、グランドピアノでも平均価格100万円前後と、比較的手が届きやすいのが嬉しいですね。 また、国産のピアノに関しては、現在中古でよく販売されている60年代から80年代のものは、国内外でその品質が高く評価されているのです。

職人の丁寧な手仕事が特徴

1960年代から1980年代にかけての日本では、職人たちが技術を競い合うようにして、一台一台丁寧にピアノが作られていました。 現在では国内メーカーでも海外に生産拠点を置いていたり、大量生産品だったりと、必ずしもクオリティの高いものばかりとは限りません。 材料にもこだわり、国内の職人が丁寧に作り上げたかつての国産ピアノは、実は音楽に詳しい人たちの中にもファンが多くいます。 中古ピアノは価格の面でも品質の面でも、これから音楽を始める人だけでなくすべての愛好家にとっておすすめできる選択肢なのです。 もちろん、1台1台楽器の個性はまったく違いますので、購入を決める前には必ず実際に触れてみてください。詳しい人についてきてもらうのもおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加