Buy and sale

買取価格を高くする

買取の際に注意すること

数ある楽器の中でも最も人気なギターは買取り価格がそれほど高くならないので注意が必要です。ギターの人口は楽器の中でもトップクラスを誇っています。しかし、初心者が一年後も続けている確立はきわめて低いと言われるほど難しいために楽器を手放す人が多いです。そのため、中古の楽器が溢れているような状態です。それに加えて、初心者が購入するギターは大体が2万から4万円の低価格のクラスなので買取する側もあまり求めていない場合があります。 購入価格が10万円を超えるものになると保存状態や消耗品の磨耗状態にもよりますが比較的に高価格で買取られやすい場合があります。ギターを買取ってもらうときにはそれほど高くならないということを覚悟していかないといけません。

ギターを高く売るためのテクニック

ギターを高く買取ってもらうには事前に簡単なメンテナンスをすることが大切です。ギターは使用しているうちにボディに擦り傷のようなものができてしまうことがあります。そのような時は、柔らかい布でホコリなどのゴミを取り除いてから、車などに使われているコンパウンドを使って擦り傷がなくなるまでよく擦ります。これをすることで買取のときに店員に新品同様だという印象を与えるので査定価格に影響します。 買取り専門の楽器店で買取をしてもらうことも大切です。中古買取を片手間でしているような楽器店では適正な査定が行なわれず、買い取り専門店よりも低い価格になってしまうケースが多いです。ギターを売却する際には、よくメンテナンスをした上で専門店に持っていくことが査定価格アップに影響します。

このエントリーをはてなブックマークに追加